yuKiのmusicブログ

一人のボカロPの人が音楽のことはもちろん、ためになること何でも発信していきます!

DTM初心者編

こんにちは!yuKiです\(^o^)/

今回はこれからDTMをこれから始めたい人に向けて最初に用意した方が良い機材をおすすめ順に発表します!

DTMを7年ほどやってる自分が、最初はこれを買って失敗した、成功したという経験を詰め込みます!!

パソコン
DAW
ボーカロイド
オーディオインターフェース
スピーカー
イヤホン
キーボード


DAW


DAWとはパソコンのソフトウェアで音楽製作やDTM全般を行うソフトのこと
このソフトを使って作曲や歌ってみたなどDTM全般を行います。
分かりやすく言えば音楽の編集ソフトですね!

オススメはこれ!
全てのDAWでも普及率が非常に高いcubaseです!
とても多くの人が使っているので、使い方がわからない場合でもネットですぐに解決方法が調べられます!
cubaseにはElements、Artist、Proの3段階のグレードがあるのですが、一番下のElementsでも初心者には十分な機能が備わっているのに非常にお得な値段です!
上のグレードを使いたくなった場合でも、Elementsを持っていればお得にグレードアップできます!


STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Elements 11 DAWソフトウェア

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Elements 11 DAWソフトウェア



パソコン


続いてパソコン
上で書いたDAWの中で何を買うか決めたら次はDAWをインストールするパソコンを用意しましょう!
とはいえパソコンの種類も多く、どのスペックを用意すれば良いのか、自分の持ってるパソコンのスペックで対応できるのか不安ですよね。

そこで使いたいDAWの動作環境を調べてみましょう!
DAWにはそれぞれ「これくらいのスペックのパソコンがオススメです」という指標を用意してくれています。

f:id:yuKi_blog:20210801230855p:plain

この写真はcubaseのものですが、このようにパソコンのスペックが書いてありますので、目安にしてください!
(パソコンの専門用語は説明すればかなり長くなるので、いつか専用の記事を書きたいと思います(^^)/)


パソコンを持っている人   →  パソコンの性能にと相談してDAWを用意しましょう
パソコンを持っていない人  →  欲しいDAWを決めて充分な性能のパソコンを買いましょう


ちなみに自分の初めて買ったDAWcubaseで、当時持っていたややスペック不足のPCで無理やり使っていましたが、DAWだけであれば意外と問題なく使えていました。笑


さあ!ここまでで実はもうDTM、作曲が出来るのです!
DAWの操作方法はここでは割愛しますが、実際はDAWで作曲を進めていきます。

後述するMIDIキーボードやオーディオインターフェースもあくまで持って入れば便利というもので、持っていなくてもDTMは出来ます!
(まぁ絶対持っていた方が良いことには変わりはないので、ここまでで挫折しなければ早急に用意してくださいw)

実際に私yuKicubase初音ミクを入れたパソコンだけでDTMをはじめました(^^♪


歌ものを作るならボカロを用意しよう!

ここまではインスト音源の制作が出来るようになるのですが、歌ものを作りたいなら主役のボーカルを用意しましょう!
自分や他に歌ってくれる人がいる場合でも、仮歌として使えたり、メロディラインの確認に非常に便利です!

上級者になればピアノなどでメロディラインを入れる方も多いですが(直感的にキーボードでメロディを考えれるならこちら)、作曲もこれから始める場合はよりイメージがしやすいボカロを用意しましょう!


一口にボカロと言ってもかなり多くの種類があります。
私がオススメするのは断然「初音ミク」です!

なぜなら。。。
 知名度がある
からです!

YouTubeをはじめとする各SNSでは「ボカロ」というワードよりも「初音ミク」で検索する人も多いです。
もし自身の作った曲をいつか投稿してみたいと考えているなら、より多くの人に聞いてもらえる初音ミクを使用した方がバズる可能性もあり、それが今後のモチベーションにもなります!

逆にYoutube等に投稿する予定がないなら自分の好きな声のボカロを買いましょう!


ちなみに自分は初音ミクと他のもうひとつでかなり迷い初音ミクを買いましたが、初音ミクを選んで本当に良かったと思ってます( *´艸`)


CRYPTON ( クリプトン ) / 初音ミク NT / BOX

CRYPTON ( クリプトン ) / 初音ミク NT / BOX



そして、そろそろ気づいてる人もいるかもしれませんが、これでボカロPの必要最低限の機材は整いました!
ここからはプロが使っているものの機材の種類や、いずれ用意するべきものを紹介していきます。



MIDIキーボード


MIDIキーボードは普通のキーボードではなく、DTM用のキーボードのことを言います。
通常のキーボードと違い、DAWに繋がないと音が出ません。
DAWに繋ぐと「ド」の鍵盤を押したときは「ド」の音を押したと認識してくれます。
これを持っていないとマウスで「ド」の音にマウスを持っていきクリックし次の音をクリックして...という動作になるので時間が非常にかかってしまいます。
時間の短縮と、直感的な操作でインスピレーションが湧いてくるので早めに用意した方が良いでしょう。

オススメはこれ!
このコンパクトさと価格は非常に優秀です!!!
ピアノが弾ける人や、DTMが上達してきた人は、引きづらさや鍵盤数が少ないことが不便に感じますが、そう感じ始めたら中級者編で紹介するキーボードを検討してみてください!
とにかくサイズ感が優秀です!
パソコンのキーボードと同じか小さいくらいの横幅なので、この鍵盤数で足りるくらいの微調整や確認についてはいつつまでも使えます!



KORG ( コルグ ) / nanoKEY 2 WH

KORG ( コルグ ) / nanoKEY 2 WH



オーディオインターフェース


OIFと略されるオーディオインターフェースでは次のようなことが出来るようになります。
・楽器の録音
・マイクの接続
・専門のヘッドホンの接続
・高音質でのモニタリング

「歌ってみたを録音したい」「楽器を録音したい」などの場合はボカロソフトよりも優先順位は高くなります。
しかしそれ以外の場合は先にボーカロイドMIDIキーボードを用意することをオススメします。

個人的にはオーディオインターフェースとは出来ることをより深く出来るようにする機材のイメージです。
ただし、DTMをしていくなら必ず用意することになるので「こういうものがあるんだな」くらいで覚えておきましょう。


オススメはこれ!
業界大手のSTEINBERG製!
いたるところで紹介されているので見かけたことがある方も多いかもしれませんね!
それほどまでに皆がオススメするほど性能が良くコストパフォーマンスが良いですね!!


STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII オーディオインターフェイス 24bit/192kHz


STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII オーディオインターフェイス 24bit/192kHz




モニターヘッドホン


MIXをするときや細かい音作りをする際には必需品。
通常のヘッドホンやイヤホンは原音を「装飾」していることが多いです。(低音や高音のブーストなど)
モニターヘッドホンはこの「装飾」をしていない音を聞くことが出来るます。

オススメはこちら!
自分も使っておりプロの現場でも使用されています!
使ってみれば人気の理由が分かります!
モニターヘッドホンとスピーカーは最初からグレードが高いものを用意する方が良いです!


SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン



モニタースピーカー


基本的な考え方はモニターヘッドホンと同じです。
自分は音作りとMIXの際はモニターヘッドホン、細かく聞かなくても良い時にはモニタースピーカーを使ってます。
あんまりヘッドホンばかり使っていると耳が悪くなってしまいそうな気がして...."(-""-)"

オススメの機材はこちら!
自分も現役で使っている機種です!
音質も良く、不足なく満足に使えます!

YAMAHA ( ヤマハ ) / MSP3 ペア 定番パワードスタジオモニタースピーカー

YAMAHA ( ヤマハ ) / MSP3 ペア 定番パワードスタジオモニタースピーカー




いかがだったでしょうか?
完全に自分の独断と偏見でしたが、これから知識ゼロの状態でDTMを始めるならこれかな?というものをまとめてみました!
もちろん人によって優先したいものは変わってくると思いますので、質問や相談があればぜひコメントを下さい(^^)/
次回はこの初心者セットを揃え、DAWの操作にも慣れてきた人向けの機材などを紹介してみようと思います( *´艸`)

ではでは(/・ω・)/